FC2ブログ

小渕の物置

主に自分用のメモ用ページ。 フリーのソフトやマメマメしい知識を扱っています。 読み終わった本をカウントしています。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「イノセント・ゲリラの祝祭」 海堂 尊

今までの総復習って感じです。
厚生省へ田口先生が乗り込んでゆきます。
すっかり医療ミステリではありません。

山彦コンビ登場でした。
ただ、シオンの名前って、何処かで見た気がするのは気のせいでしょうかね?
いろいろごっちゃになっているので、思いっきり気の所為な気もします。
個人的に、この作品の中で一番好きなのは、坂田局長。
あの、いろんな意味で素直な人が良いですね。
白鳥がアホだと言うのも解ります。あそこまでストレートな人って、本当に官僚になれるんでしょうかねえ。

内容としてはAi導入について奮闘と言う話。
バチスタの時の被害者の遺族と言うのが出て来ます。
初めてチーム・バチスタを読んだ時、被害者が名前と言う記号でしかなかったと言う感想だったのですが、ようやく人間だったのだと言う気がしてみました。
ただ、残された遺族としての方が重いんですけどね。

お役所の手順と言うものが解りやすく書かれています。
白鳥や彦根の口から語られる事なので、何処までを全部に適応してよいのかと言う気もしますが。
それでも、これって殆ど真実なんだろうなと言う気もします。
基本的に、政治家と官僚は嘘を付く生き物だと思っていますので。

彦根と田口先生のやり取りが好きなシーンです。
最後の方なんですけど。白鳥と仲良し発言の後の、田口の剣幕に彦根が頷くだけと言うシーン。
さすがの彦根も気圧されてしまったと言うエピソード。
いろんな意味でさすが田口先輩。
何より、そこまで嫌がられるゴキブリ白鳥がすごいです。
スポンサーサイト

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

小渕フェルナンデス

Author:小渕フェルナンデス
日記を頑張ってつけるのが、当面の目標です。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。