FC2ブログ

小渕の物置

主に自分用のメモ用ページ。 フリーのソフトやマメマメしい知識を扱っています。 読み終わった本をカウントしています。

Category: '09 読み終わった本   Tags: ---

 

「智天使の不思議」 二階堂黎人

久しぶりの読書です。
一種の叙述トリックになるんでしょうかねえ。
倒叙探偵小説と言うらしいです。

大作と言われるミステリには、限度があります。
科学捜査ってのは、その幅をより狭めます。
どんなに気をつけても、そこから分かっちゃうんですからね。
血液だけならまだしも、DNAとか、今なら指紋は衣服からも皮膚からも出ちゃう世の中です。
つまり、時代設定って大事だし、状況設定はなお大事。
吹雪の山荘で犯行を行わないと、容易に事件は完成されないと言うことらしい。
今の作家は大変です。
何より、完全犯罪は発覚しないことなので、それをより劇的に発覚させるのかも難しい。
問題を作る人は、答える人より大変ですよねえ。
と言うことを踏まえると。
大概のミステリってのは、すごいって話です。

スポンサーサイト

Category: フリーソフト   Tags: ---

 

SMPlayerをインストールしてみました。

SMPlayerは映像再生ソフトです。

リンクから飛ぶと、そのままダウンロードも出来ますが、メインを覗くと、使えそうなソフトだと思います。
再生出来る形式が豊富という事で、ネットで拾ってきた動画はこれでほとんど再生できるのではないでしょうか。
つまり。
MPEG4だって再生出来るのです。

そう…
Appleって、きっとWindowsには優しくないんだ。

かつて、iTunesでCD作成したときですが。
mp3の形式なのに、エラーを目いっぱい起こしてくれる。
お前はm4aしか受け付けんのか!
と言うのが私の感想です。
音楽管理ソフトとしては定評がありますが、私個人の感想としては、CDに焼き上げる時の融通の利かないところは好かんのです。
これって暗にiTunesですべてやれよって事じゃん。
因みに、大抵WMPを使っているか若しくはどっかからダウンロードして来ているので、ファイルはAACではなくmp3がほとんどです。
絶対Windowsで取り込んでるよね、そういうの。

で、何が言いたいのかですが。

MPEG4なのに、映像が音声が止まるんだよ、QuickTime!!!
ひどすぎる。
iTunesでもやっぱりダメで。もともとQuickTimeで動いているから当たり前なんだけど。
まともに再生しろってのよ。
WMPはちゃんと動いてくれたわよ!!何なのよアンタ!!!
とにかく、このWindowにだけなのか、そもそも映像再生のソフトとしては劣っているのか。
お前は音楽だけ掛かれば良いと思ってんのか!?
お前もプライドあるならまともに再生させろってんだ!

と言う心の叫びとともに。
MPEG4が再生出来るソフトで検索をかけてヒットしたのが、SMPlayerだった訳です。
はい。

Category: 雑記   Tags: ---

 

ASUSの女王様

ASUSのユーザーマニュアルは不親切です。
隠しパーティションがあるんですけど。
そのままだとリカバリ出来ないのよ。
マニュアルを読むと「F9」を押して下さいとあるんですけどね。
そんなことをしてもうんともすんとも言いません。

仕方ないのでASUSにお電話する。
電話の向こうから聞こえてくる声はひどく上から目線です。
さながら私はひれ伏す平民でしょうか…

「リカバリが出来ません」
で、返ってくるお答えは
「F2押して下さい」
…はい?
「F9とあるんですけど、F2なんですか?」と問いただすと。
「最初の手順からとおっしゃったので」
最初の手順手?F9は最初じゃないのかい???
で、F2からBIOS画面に。
そこからツールだかオプションだかの選択画面から、どうやら隠しパーティションを有効にしないといけないらしい。
おいおい。素人さんには、ちっとそれはわかるまい…
てか。
無効になっている理由は、多分、パーティションを消さないためとは思うものの。
全部女王様にお伺いが来ちゃうじゃないのよ。
良いのか、そのマニュアル…?
掛けて来いよと言われているような、誘導されているような。
何だかとっても効率の悪いマニュアル。
私ら平民は女王様無しではいられないという事らしいです。

Category: '09 読み終わった本   Tags: ---

 

26話を一気に観る

何かって「ひぐらしなく頃に」です。
今まで手を出さなかったのですが、動画をテレビで見られるようになったので、無料動画ザンマイしてみました。
スゴいね。動画共有。
ネットって、簡単なものだとすぐ見つかっちゃいますね。
惜しむらくは、EDが全部一緒だった事でしょうか…
クレジット見たかったのに。
多分字幕の関係でしょうが、非常に残念です。

Category: '09 読み終わった本   Tags: ---

 

「絶望ノート」 歌野晶午

この人の最近の傾向は、叙述トリックのようです。
と言う事を構えて読むと、何となく道理が行く感じ。

この作者さんはひどく若者が大好きです。
若者が、と言うより、精神年齢が幼いのにシニカルになるのが好きと言うのか。
いや、うまく説明できないですが。
ともかく、若者言葉大好きです。

話の紹介を読んだ感じ、デスノートかと思いましたが。
実際、デスノートを意識してますし。
デスノートが実際に実在の力で存在するなら(妙な言い回しですが)こんな感じかもしれません。
死神の力とか、別の不思議な力とかそう言うのではなく、考えて他人が実行するデスノート。
自分以外の誰かが、その通りに殺してくれると。
題材的にはファンタジですが、十分にミステリ。
面白いか面白くないか、分かれる作品でしょうか。
最近の傾向が偏っているので、何だか信濃譲二が懐かしい。
あの素直な感じが、もう一度この人で読んでみたい。
今ならどんな風に書くのか、ちょっと興味あります。

Category: '09 読み終わった本   Tags: ---

 

「リッターあたりの致死率は」 汀こるもの

これ、メフィスとに送った作品だって書いてありました。
前にも書いてなかったか?などと思ったら、いくつ送ってんだよと言う突込みが、本人の前書きにありました。
ほんと、いくつ送ってんだよ。
さて。
タナトス君の恋は健在。
今回も高槻側からの語りなので、彼はとってもヘタれてます。
不思議だ。
彼方側の語りの時は、ぜんぜん印象違ってます。
うっかり出来る人かと思ってしまいました。
同じ事を湊参事官にも思っていましたが。
どうやら勘違いだったみたいです。
まあ、この話も救い様が無いような話ですけど。
オチとしてはとってもブラコンでしたというお話。

実は日付は2日ですが、読んでいたのは先の2作品を含め1日でした。
だからどうって事ではないのですが、今考えれば、映画にでも行けば良かったなあ。

Category: '09 読み終わった本   Tags: ---

 

「カンナ 吉野の暗闘」 高田崇史

つんどくでどれくらい経つのでしょうか。
結構新刊ですぐだったはずなのに。
今頃読んでますね。

今度の舞台はタイトル通り吉野。
山の中を散策して山伏やら役小角縁の土地巡りです。

毎度思うのですが、この人の作品は作中に参考文献を用いる際、その作者の名前をさん付けにして話し言葉で説明します。
気を遣っての事かもしれませんが、実際は呼び捨てだよね。
知り合いでも何でもないんだし。
そこは気になる。
しかしさて置いて。
日本史と言うより、元々不勉強な私にとっては、新しい発見がいっぱいです。
山は金気を嫌うとか女人禁制の意味とか、考えた事ありませんでしたよ。
大体、役行者が最期どうなったかなんて知りませんでした。
ホント、この作者の作品を読んでいると、平安の殿上人が如何にひどいかわかります。
あの雅な一面しか知らないと、何だか騙された気分です。

Category: '09 読み終わった本   Tags: ---

 

「心霊探偵八雲5 つながる想い」 神永 学

久方ぶりの読書です。

ようやくお母さんの行方と実は晴香のお母さんとは知り合いだったのねーというお話。
今回は赤いお目目より、晴香が頑張っています。
何だか取って付けた様な展開ですが、そこはそれ。
石井頑張れ!と素直に思ってあげるのも良いでしょう。

とにかく。
何度も繰り返しますが、これってラノベですよね。
映像展開して、漫画化になって、今度はCDになるそうで。
最近はそういう展開って、早いんですかねえ。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

小渕フェルナンデス

Author:小渕フェルナンデス
日記を頑張ってつけるのが、当面の目標です。

ブログ内検索