FC2ブログ

小渕の物置

主に自分用のメモ用ページ。 フリーのソフトやマメマメしい知識を扱っています。 読み終わった本をカウントしています。

Category: 雑記   Tags: ---

 

そういえば

今日本屋に立ち寄ったところ、医龍の新刊が出てました。
そういえばチーム・バチスタ観て来たなあ。原作の方が面白いなあ。と、思ったのを思い出しました。

スポンサーサイト



Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「おさかな棺」 霞 流一

この人の作品は、大体読んでいます。結構好き。
ただ、どの作品に誰が探偵役立ったのか、一向に思い出せない…
散漫に読みすぎですね、これは。
ただ、「紅門福助」の名前は覚えてる。うん。そんな探偵いた。
そんな感じです。
アマゾンのプレビューとかを読んでも評価は???だけれど、結構宇大先生とか良い味出てます。
魚だから?とは、不意に思った冗談のようなもので、あんまり関係ないですな。
散漫に書き過ぎです。これは。

特筆することは特にありませんが、個人的には面白いと思いますよ。
飄々としたモノローグと言うべきか、キツ目の突っ込みと言うべきか。
42歳厄年の探偵の活躍は、ちっともハードボイルドでは無いところがお勧めです。

Category: 雑記   Tags: ---

 

今日のカスペルスキー

最近カスペルスキー日記になってますな。
どうやらようやく観念したらしく、今日はウンともスンとも、言ってきません。
よくよく見てみると、元からXPにもウイルス対策してるかどうかは表示が出てましたね。
すっかり動揺していたようです。
更新してもキーボードは日本語ボードのままです。
相変わらず最後までスキャン出来ませんが、その辺は諦めました。
しかし、入れてから数日。
毎度のように起動するたびに不平を漏らしていたカスペルさんが、突如大人しくなっていると不気味です。
寧ろ、今の方がまともではないのだろうかと勘繰ってしまいます。
ちゃんと実行中みたいですけど…
このまま何事も無ければ、一年お付き合いできることでしょう。
ただ。
システムリストアのスキャンは全部出来たので結果を見てみると、破損ファイルが2つほどあります。
破損て何ぃ?
何のファイルなのやら…その所為でWindowsの復元が出来ないのか???
どの道、リカバリが選択肢に残ったままです。
めんどくさい…
究極になるまで、リカバリはやりたくない。
リカバリは、いやだ…

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「オーデュポンの祈り」 伊坂幸太郎

最近のお気に入りです。伊坂幸太郎。
開拓されて行くのは良いです。

伊坂幸太郎は、何処か読み終わった後すっきりする。完全にすっきりと言うのとは少し違うかもしれないのですけどね。
それでもすっきり派だろうと思う。
カカシの優午が割合お気に入りです。カカシだから、神様にもなれたんでしょうかね。
まあ、案山子なので、なりきれなかったというべきなのか。
ここ暫くは、伊坂幸太郎で暮らしてゆけそうです。


****************************


カスペルスキーを入れてからなのか、それとも、ウインドウズの更新の所為なのか。
ウイルス対策がされていないの表示が出てくるのは何故???
XPまでVistaっぽくなったというのかい?
あの、クソの役に立っているのかいないのかわからないマイクロソフトのウイルスソフトが、更新で入ってしまったというのでしょうか???
カスペルスキーの所為にしたくは無いのですけどね。
カスペルスキーの呪いのようです。
やはりHITACHIと相性が悪いのか??
ただ、ウイルス対策がなってない表示が出てから、カスペルスキーの更新をしてみたのですが、キーボードは日本語表記のままです。
より不安です。更新してるの?ちゃんと動いてるの?
不安です…

Category: 雑記   Tags: ---

 

またまたキーボードが…

どうやらカスペルスキーが更新ファイルを読み込むと、戻ってしまうらしい…
もういいです。もう…

半角を押して日本語にならないくらい、どうって事は無いです。
直し方も分かりましたし、もう何も言わないです。
カスペルスキー。
あこがれていたのに…
良いんです。別に。
分不相応なんて思っちゃいません。
生まれ変わったら、KGBには入りませんから。

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「死神の精度」 伊坂幸太郎

日を跨いでしまいました。残念。

映画はとっくの昔にやってしまったものかと思っていましたが、実はまだだったんですね。
今更気付きました。
短編になっていて、電車の行き帰りで二編か一編半読めました。
個人的に一番好きなのは、「恋愛で死神」。
ほとんどハッピーエンドではなく(ハッピーエンドと言っても良いのかも知れないが)、死神の千葉は調査対象の人間を「可」にして八日後には死なせてしまう訳で。
どうやって死ぬまであんまり書かれていないけれど、「恋愛」だけは何で死んだのかまではっきりしています。
ハッピーエンドとは、要は主人公が幸福だと思うかどうかだと思います。
あるいは、読む側にしてみれば、自分の感情移入したキャラクターが結果幸せだと思うなら、ハッピーエンドだと思うのです。
と言うことで、個人的にこの短編はハッピーエンドに位置づけしてしまおうかと思ってしまう。
彼女は痛いよなと思いはしますが、死んだ彼は幸せだと思っていたようなので、ハッピーと言っても良いのではないかと。
そこの所は、まあ、微妙な判断ですけど。

千葉と言う死神のキャラクターも、割合好き。
人間でない故に、人間を理解できない様は、端から見ればやっぱり面白いでしょう。
単純に2千年以上は存在している割に、人間を未だ理解出来ていないのは、単に理解しようとこれっぽっちも思ってないからだろうなあ。
まあ、バカなところがいいのでしょう。
否。そういう次元ではないのだけれども。
結論は、やっぱりずっと理解出来ずに死神は死神で在るんでしょうねえ。

Category: 雑記   Tags: ---

 

この喜びを

キーボード直りました!
HITACHIにメールを送ったら答えが返ってきたよ!
良かったよお~!!当たり前のように変換が出来るってすごいね!!!
同じ悩みの人は、世の中にはいるんだね!
ドライバ入れなおして抜いて消して入れ直して日本語の106/109のキーボードドライバに変えてもダメだった時、もうどうしようと思いました…
リカバリしかないのか?と絶望的でした…

再度声を高らかに「レジストリの書きかえってなんだよおおおお!!!!!」(因みに「」も通常ではなかったです)

直って良かったです。

どうやらKasperskyの所為かもしれませんが、キーボード部分のレジストリが書き換わってしまったらしいです。
困った人の為に、あるいは今後の自分のために書き記しておきましょう。


スタートから「ファイル名を指定して実行」をクリック

名前ボックスに、「regedit」と入力。OK。

以下のレジストリを開く。
 HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/CurrentControlSet/Control keyboard Layouts/00000411

「Layout file」をダブルクリック。そこの値を書き直します。
 KBDJPN.DLL

書き直してOK。再起動します。


今のパソコンを買った当時、オマケでカスペルスキーが付くはずだったのだけれど。
「HITACHIはカスペルスキー合わないんだって」と言われてもらえませんでした。
何故って聞いとけば良かった。SONYの事しか聞かなかったんだよね。

しかし今回、とても勉強に(?)なった気もします。
JISキーボードとUSキーボードの事。
つまり、このレジストリを書き換えると、USキーボードに変換できるって事なんだよね。もちろん、言語設定やらドライバを入れる事は前提ですが、そして既に、何て書いてあったか忘れてしまいましたが、出来るのだと。
半角/全角キーが無いとか(当たり前ですね)とか、Shift押しながら2で@とかね。
カギカッコずれるとかね。
もう、いっぱい押し捲ってやりますよ、二日分くらい。
「」「」「」「」「」「」「」「\\\\\\\\」^-この辺出なかったんですって。
ほんとに直ってるって、実感出来ました!
後は。
システムの復元が出来なくなってるのは、一体どうしてだろうかねえ…

Category: 雑記   Tags: ---

 

キーボードがおかしい

キーボードがおかしいです。
カスペルスキーの所為?半角全角が出来ない。スラッシュをどう打てと?
カギカッコがずれてる。
どうしろと?
普通にキーを打つ分にはまだいいのかもしれませんが、細かいところがおかしい。
何故?
教えてPC!何がオマエをそうさせたのさ???

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「グラスホッパー」 伊坂幸太郎

清々しいのとちょっと違いますが、後味は良い方かも。
やっぱり死んじゃうか、が感想です。
何となく、鈴木さんには幸せになってもらいたい。またあの子供達に会えると良いなと、つい浸ってしまいます。まあ、甘い方が好きなんですな。
ハードボイルドらしいです、この話。
ハードボイルドの定義は、実は良く分かっていません。
ただ、雰囲気がと言われれば、そうなのかもと思います。
殺し屋が出てくると、ハードボイルドらしいです。
個人的イメージは、もっと乾いた感じなんですけど、この話はどちらかと言えば、ウェットな感じです。
ハードボイルドって、男の生き様、って事でしょうかね。

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂尊

読み終わっての感想は、ナイチンゲールの下地ながらも、ナイチンゲールより、個人的には面白かったです。
何と言っても速水先生のキャラでしょう。何故、田口先生の周りには、攻撃的な人が多いんでしょうか。結構島津先生とかも良い味出してます。白鳥を良いヤツ、とか言っちゃう辺り、きっと純粋なんでしょうかねえ。
うわさの氷姫登場ですが、もっとこう、容姿が可愛らしい人かと思っていましたが(ちまいと言うか、小動物系かと)、くせのある人でしたね。
いや、悪いわけではなく、良い意味で、期待が裏切られました。容姿も中身も。
白鳥の下にいる人なので、考えれば分かりそうでしたが、可哀想と言う言葉ばかりが植え付けられて(田口先生の方が、純粋に普通の人ですな)、もっと仕事の出来る(ある意味できる)普通の苦労人かと思っていました。あれって、やっぱり元来そういう人だから、白鳥の下に来たんだろうなあと、思ってしまいます。
期待を裏切るついでに黒崎教授も、私好みで裏切ってくれました。
基本的に、おいしい所を持っていく人も大好きです。
バチスタを読んだ限りでは、まあ、悪い人では無さそうと思っていましたが、ホント出来た人だと思います。高階医院長より、良いヤツです。

これで三作終わってしまいました。
この先、やはりブラックペアンとかに行くべきでしょうか。それとも、螺鈿に行くべきか。
まだ選択の余地は残されていますが、取り敢えずは、買ってしまった文庫の方に参ると致しませう。
次はグラスホッパーに行きたいと思います。
伊坂作品に戻りに行きましょう。

Category: 雑記   Tags: ---

 

一日引きこもってやった事

SPを見終わりました!
正直、面白かったです。アクション好きなら、良い点数をくれると思います。ああ言う、特殊能力大好きです。
最後の最後であの場面に来た時、「やっぱりぃ?!」と悲しくなりました。
だって、ねえ… 好きなんだって…
フライ・ダディ・フライを見てしまいたいと思う程、打ちひしがれましたよ。何分、良い人が好きなので…
GOしか読んでませんが、全体的に金城好みと言いましょうか、好きそーと言う感が否めません。良い意味です。もちろん。
黒幕は、警察庁にいて欲しい。警視庁の上辺りでも良いけど、やっぱり東大卒がいる所のイメージとしては、第一候補。
やっぱり、「東大は悪の巣窟だな」と言って欲しい。
とは、私の感想です。

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「ナイチンゲールの沈黙」  海堂尊

バチスタよりは話にむらがある感はありますが、相変わらずインパクトのあるキャラ健在です。
犯人は比較的分かりやすい。ただ過程に至る所が、一筋縄では行かない。
この作者は割合分かりやすい、と言うか、組み立て易い話を作ります。凝っていると言うより、想像力を働かせると、答えに行きつける。
これって、フーダニズムより、Howとか、医学的蘊蓄的に話が進んで行くのが面白いです。
飽きないキャラとか一人追うだけでも小説って楽しい。
そういう物として、海堂尊作品はウキウキ出来る。
個人的にハマれる人です。
何より、センスが好き。
バッカスを見たいですよ、正直。子供向けにはもったいない設定。
地球防衛軍をリストラのヒーローって、何よ?って感じが良いです。
多分、私はアツシ君と一緒で、シトロン星人に好感を持つだろうと思いますね。

三作目も早々に読破しそうです(^O^)

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「GO」 金城一城

GO面白かったあ!
今更ながら、映画見たいですね。
宮藤官九郎が脚本賞取ったやつだったような…行定監督とか、見たことないんで、今度挑戦です。
宮藤脚本なので、中身そんなに違ってないと思いますし、比較的期待しても良いのではないでしょうか。今更窪塚行ってみたいです。

これって青春小説系なんでしょうか?あんまりそっち系は読まないんですけど、良いですね。軽快です。何より、重い話が軽い語り調なので、嫌な感じで残らない。割合清々しいかも。
ハッピーエンドは好きです。

SPの影響なのは一応認めます。が、まだ一話も見てないです。HDDの中で眠ってます。
監督より脚本で見ようと言う気になりました。
結構人の名前を視覚で覚えているので、たまにうろ覚えですが、フライ・ダディ・フライと一緒のはずと思い録った次第です。
いや、我ながら、見てない作品までチェックしているのはすごい。
この後、伊坂幸太郎に行くか、海堂尊にするか、迷ってます。
個人的には後者の方が良いのですがね、如何せん、ハードカバーは電車には重いのですよ。
さてさて、誘惑に負けるか実を取るか。
さてさて。

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎

行きの電車で読み終わりました。結構面白かったです。

アヒルと鴨に辿り着くまでは長いですけど、更にコインロッカーまではもっと遠い。
このタイトル、結論って事ですね。つまり。

実は、過去の話に関しては、読み進むのが嫌でした。感情移入してしまうって、何だか困ってしまう。
オチは何となく想像ついてしまうので、半分来るまではどうしようと思ってましたが、途中から忘れて読んでました。
テンポ良いので、あと雰囲気が乾いた感じなので重くない。晴れやかじゃないけど、後味はまあすっきり系かな?
他の作品も読んでみたいですね。だんだん作家が増えて行きますが…

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
プロフィール

小渕フェルナンデス

Author:小渕フェルナンデス
日記を頑張ってつけるのが、当面の目標です。

ブログ内検索