FC2ブログ

小渕の物置

主に自分用のメモ用ページ。 フリーのソフトやマメマメしい知識を扱っています。 読み終わった本をカウントしています。

Category: フリーソフト   Tags: ---

 

skype初体験

skypeです。
ようやく今時の子の様になれました。

検索バーにskypeで簡単に行けますが、如何せん、時間帯によってはかなり重たい。
三人以上の同時通話は不安定な音質になる。
どうすればよいのやらやら…
何か良い方法があれば教えて欲しい…
P2Pだけどポートとかいじっても良いのかな?と言うより、いじると音質良くなったりするのでしょうか?あんまり関係ないの?ファイル共有はやらないから良くわかんないなあ。

まあ、これから模索してゆくのでしょうが、あんまり環境変わりそうにないな。

スポンサーサイト

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵」 歌野晶午

面白かったです。軽い読み物としては良いと思います。
短編になっていて、前回の話と設定が引き継がれている。ナルホド、あの時のあれはそういう事だったのね、と言う感じです。
強いて言えば、タイトルはタイトルで主張するほどの意味はありません。探偵は刑事さんですからねえ。渋柿探偵(二階堂黎人著)ほど子供は賢しくないです。
と言うより、些細な言葉から閃くのだから、トシちゃんの方が素直に凄かろう。

歌野晶午は結構読んでいるほうかもしれません。よくよく考えると、この人の短編ってあんまり無い気がする…と思ったら、家守を読んでいた事を忘れてました。
昨年のショックな出来事ランキングに入っている、「読んだのを忘れていた本」の一冊です。
最近あくの強い感じの歌野晶午ばっかり読んでいたので、少し新鮮。
信濃譲二シリーズはもう書かないのかなあ。
と、不意に思ってみたりしました。

Category: 雑記   Tags: ---

 

最近のNHK

短編のアニメと言うか作品と言うか、正味1~2分のクオリティの高さ。
なかなかそうそうたるメンツです。今敏とか中澤一登とか。

「何やってんのNHK?」

です。
たまに不思議国営放送。そんなNHKが好き(むしろBSか?)
紅白は見ないけどね。

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「しゃばけ」 畠中恵

今回は長々読んでいました。容量的にはそうでもなかったのですが、電車の中で少しずつ読んでました。
一気に読んでも面白いと思うのです。ただ、その前に読んでいた2タイトルに体力を使い切ってしまったように思います。年ですね。

ドラマの方を先に見ていたので、細部の違いを比べながら読んで見ました。ドラマはドラマで、よく出来ていた部類ではないでしょうか。隣の栄吉さんのエピソードの辺りなどは、もしかしてドラマの方が好きかも知れません。
まあ、人それぞれです。
若旦那が意外に剛毅です。と言うか、意外にしっかりしていましたね。しゃばけの設定とイメージで、もう少しこう情けない系かと思いきや、寧ろ思っていた以上に体が弱すぎる。
そんなに寝込む人とは、いや、病弱だとは思っていたけれど、それ以上とは…

この先の展開が気になるというのではないけれど、空いた時間に続きは読んでみたいです。
若旦那の成長が、楽しみな作品ですね。

Category: 雑記   Tags: ---

 

この時期になって

今日のゲキレンジャーは荒川さんでした。この時期この人の理由は?と考えてみますと、もしかして締めは横手さんではないのか?と勘ぐってみました。
ただ、今日ようやくヒロインが判明!
メレちゃんかよ!
…女の子得意だしね、荒川さん。そういう事なんかねえ~
まあ、最近の特撮・戦隊系は荒川さんの畑ですから、このまま最後を締めるかもしれないですね。
はあ~…少し寂しい今日この頃です。

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

暗黒館さようなら  「暗黒館の殺人」 綾辻行人

読み終わったよお!積んどくが長かったわけですが、ようやく終了。やはり綾辻行人はじっくり読むより感覚で読む方が騙されない。考えるとダメですね。黒猫館の時なんて、せっかくの技法台無しくらい素直に読み過ぎました。

-------------------------------------------

さて。
再度送ってみてみました。果たして、上書きなのか追加になるのか。試しの意味も込めて再度ケータイから投稿してみてます。
細かい所の直しは後からにしてもどうなっているのやら…


--------------------------------------------

ケータイから二度ほど送ってみました。
なるほど。上書きではなく、その日の分に追加でもなく、記事が二つになるんですねえ。
勉強になりました。

青司マニアの出番はほとんど無かったですね。代わりに江南君の、ちょっとファンタジックな物語でした。
前作以前のうろ覚えなので、中に出てきた小ネタが重複している箇所があり、もういっぺん読んでみようと思ってしまいます。
読み物が尽きれば、それもしたいですが、今のところ、読みたい本が後から後から出てくるので、なかなか難しい。
いつか読みたい本が尽きる日が来るのか。
もちろん、そんな日は来ないと思うのですけど。けれどももしそうなってしまったときには、きっととても退屈な日々の始まりなんでしょうねえ…

Category: 雑記   Tags: ---

 

実は3度目

映画行って来ました。もうりょうのはこ。ケータイからだと変換がままならない…
いやあ。原田監督作品見るのは3作目ですが、もしかして私好みを創る方かもと改めて思いました。

長い事積んどくだった暗黒館を、ようやく上巻読み終わりました!
やっぱりこういう感じが好きなんですな。速い。ペースが。
未だ青司マニア登場してませんが、やっぱりおいしいトコ取りでしょうかねぇ。

Category: 雑記   Tags: ---

 

初めてケータイから…

日を改めケータイから投稿してみてます。試しと言う事で、大した事は記しませんがね。ただ、上手く行くと良いなと。何分、ネットおんちなので…

Category: 雑記   Tags: ---

 

ヤッターマンにココロオドル

まだ見てません。
しかしながら、オープニングで座りながら跳ねてしまった。バカだなあ。
シリーズ構成を見て、そうなんだ、と思い。
総監督を見て、「タツノコだ!」と喜ぶ。
アホですな。
当たり前じゃん、タツノコに。しかし、笹川ひろしだよ。ガッチャマンだよ。タツノコだよ。
そこはココロオドルデショ?
Wikiを開いて経歴見て、そんなトコでもやってたんだと見直しながら、真下耕一の名前を見つけて、「何?そのタツノコ四天王みたいなの」とか思ったり。
真下監督と押井守は同列なんだね。無知でした。
話飛びました。
しかし。タツノコです。昔のリメイク増えてますけど、基本的に面白けりゃ良いのかな?良いとは思うけど、焼き直しって、実は技術いるよな。
オリジナルに勝るとも劣らない作品になるよう、願うばかりです。

最後に。
宮崎あおいってカワイイよなあ。東京メトロのCM、RIP SLYME出て歌ってますけど。
Dandelion以来二度目で良いはず、宮崎あおい。
人妻でもカワイイです。

Category: 雑記   Tags: ---

 

無線の位置を変えてみた

昨日は調子の悪かった無線も、位置を斜めに変えてみたところ、調子がよい。
と言う事で、ノートから書き込み中。遅いのは単に電波の所為で、avast!の所為じゃなかった。
疑ってゴメンよavast!

しかし、確かに無線はセキュリティの面では有線よりも無防備だろうけど。
素人が使うのに、有線の方が危なくないって思うの、どうな訳よ?否定はしないけど、肯定もしないぜ。
ネット使ってる時点で情報は漏れるデショ。そんなに心配なら、インターネットなんかやめちまえ!──と、何となく乱暴になってみたり。

まあ、これを言ったら、自分の仕事全否定ですかね…はっはっはー。
はあ…

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「チーム・バチスタの栄光」  海堂 尊

 「チーム・バチスタの栄光」
文庫で上下巻。
早かった。面白かった。久方ぶりに一気に読みました。

ハードカバー越しに何度も覗いてみましたが、明らかに医療用語だし、もっとカチカチした文章かと思いきや、田口先生の一人称で読みやすかったです。感情移入しやすいキャラとして、あるいは好感持てるキャラクターとして、入り込みやすい。

容疑者7人。映画もそろそろです。
やはりと言うべきか、主人公は男の人でしたね。まあ、字面より、映像にすると、確かに花があまり無いですからね。竹内結子を持ってきた理由は何となく察します。
最近トリック云々とか読んできている所為か、久しぶりに頭の中で組み立てる推理ものでした。論理的ですが、可能性を割り振っていく手法です。
密室ものとかのトリックを考えるのが苦手な私にとっては、大変取っ付き易い代物でした。個人的には、心理的な要素の入るトリックだとかの方が好きです。

一つだけ。不意に思ったことですけど。
容疑者側に焦点の当てられた話のなので、被害者側のキャラクターは名前のみと言う、よくよく考えれば探偵者に属する物語では、得てしてそう表現されがちですが、ほんとに名前だけです。
読みながらそのあたりに同情するところの無い、お話。事象として被害者に名前があるだけの感は受けました。そこまで贅沢を言ってはしょうがない。寧ろ、このくらいで丁度良いのかも知れませんが。

まあさておき。
次を買ってしまおうと、今から本屋を巡ろうか算段しています。明日は仕事なので、今日は大人しく待機ですけど。
元来、文庫よりハードカバーの方が好きですから、抵抗はありません。寧ろ、一冊目もハードを買い直そうかと検討中。

いやあ。
テンポよく読める本って、良いですねえ~

Category: '08 読み終わった本   Tags: ---

 

「ドグラマグラ」 夢乃久作

今年ようやく一冊目。読み終わりました!
ドグラマグラ。
昔読んだけど、流し読みの所為か、ほとんど頭に残っていなかった作品…
これは流して読んじゃいけない。
ミチミチに詰められた文章と行間。旧遣いの仮名漢字。じっくり読み進んでいかないと、古文苦手だから頭に入らない…
12月の半ば頃から電車の中でチョットずつチョットずつ読んでようやくたどり着いたゴール。
やっぱり、人の会話形式になっているほうが、読む側としては目を速く追えますな。論文調のところは(特に若林博士の所)遅い。論文ってやっぱり根気の要る読み物なんだなあ…

結局のところ、全部白昼夢でしたってお話?ってコトで良いのか。
実際に起こったことを、もう一度重複してやり直してましたってコトで。
しかし、自分の生まれた年より古い本で読みました。今の時代、伏字だらけになりそうですな。
あの時代だから書ける題材です。今の世の中じゃ、書くに書けないと言うか、意識の問題と言うか。そういう意味では大変参考になります。何だか、古い文章を読みたくなりました。
個人的には星☆☆☆☆で。残り一個は時間の掛かった自分の読み時間です。

Category: フリーソフト   Tags: ---

 

avast! 入れてみました。

無線の電波が悪いのか、単に混んでいる所為なのか。いや、多分、無線ルータの位置が悪い。
隣の部屋なのに、切断されましたよ。

何だかウイルスセキュリティが上手く入らなくて、「avast!」入れてみました。無料のウイルス用ソフトです。
ツールバーでくるくる回っているのは、可愛いと思います。
どうやら他のセキュリティソフトを入れても動くようで、かち合いません。後からのこのこ動き出したウイルスセキュリティを尻目に、颯爽とツールバーに登場でした。
使って一日目なので、何とも言えないですがね。「avast!」の所為でネットが中断されていない事を祈りたいモンです。

http://www.avast.com/jpn/download-avast-home.html

ここから日本語版を入手できます。もしくは上の名前からリンクです。
ていうか、システム条件、今時95が使える。すごいです。
98で使える他のソフトを教えてもらいましたけど、こっちの方が有名ですねえ。
avast! 4 Home Editionは名前の通り、個人向けで、非営利目的。
商用ではavast! Professional Editionを使えってコトらしい。
ユーザ登録前に60日間の試用が可能。登録すると14ヶ月使えるらしいです。

よく読んでみると結構使えます。全体的なウイルス検知数は他の有償製品より少ない場合もありますが、圧縮したファイル等の検知は引けを取らない。
ノー○ン先生よりすごい時もある。侮れないソフトです。

Category: 雑記   Tags: ---

 

月並みに、今日はあけましたおめでとう

一月も一日がそろそろ終わりです。
昨日のお話を思い出す限り、やっぱりあの人はそうだろうかと勝手に思ってみたり。

連絡の取れないその子の友達は、コミックマーケットに参加しているそうで。
売るのだといったまま最近連絡が取れないとか。
だろうなあ…何を売るのか知らんけど、会場は電波が混んでるぞ。
つーか受かったんだね。オメデトウ。
31日。三日目。
何日に参加かは知りませんがね。
帰りの駅で見かけたあの人。
「あ、その袋知ってる」──思わず心の中で笑いました。コミケ帰り。ナスキノコ。
まさかあの人が?などと思いながら、つい電車の時間を逆算。うーむ。微妙に三時くらいに会場出だろうか?直帰ならね。
だとすると、早いお帰り?やっぱり違うか…

などと妄想しながら電車を待った大晦日でした。
何ら新年関係ないお話。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

小渕フェルナンデス

Author:小渕フェルナンデス
日記を頑張ってつけるのが、当面の目標です。

ブログ内検索